細マッチョを目指すのに、ジムに無駄な金を使う必要は無い。自宅でも、正しい筋トレをしつつサプリメントを使えば、簡単に体は変わる。

menu

細マッチョ部 - 海外サプリメントを使った最先端筋トレメソッド

【警告】筋肉が落ちる主な5つの原因

ID-10083316

筋肉が衰えるものであることは周知の事実だ。

しかしその原因をしっかりと把握できている人は少ない。

 

今回は筋肉が落ちる原因を、

主な5つの原因として解説していく。

 

この記事を読むことであなたは、

筋肉が落ちる主な原因を知り、それらを避けることで筋肉量を維持できるようになる。

 

では早速見ていこう!

 

 

原因1. 運動不足

 

まず筋肉が落ちる原因の筆頭に挙るのが運動不足だ。

これは容易に想像がつくだろう。

 

筋肉は長期間使われないと、

使われなかった筋肉からどんどん分解されはじめる。

 

これは人間のメカニズムであり、

使われない筋肉=必要無い、と体が判断するのだ。

 

筋肉のクビである。

 

これを防ぐにはもちろん筋肉を使う必要がある。

しかし、筋肉を維持するだけであれば、高い負荷のトレーニングは必要無い。

 

私はまだまだ筋肉をつけたいので、

維持するだけのトレーニングはしていない。

 

細マッチョ部式3つの筋トレを、

二日または三日置きに行えば、筋肉を維持しつつ増やすことができる。

 

 

原因2. 栄養不足

 

体を動かす栄養が無ければ、

筋肉がどんどん栄養として使われ、結果筋肉が落ちる。

 

とくに炭水化物とタンパク質の摂取には神経質になろう。

食事はサラダだけなんて論外。

 

この記事も参考に、

あなたの食事を見直してほしい。

 

 

原因3. ストレス

 

意外かもしれないが、

筋肉はストレスの影響を受けやすい。

 

ストレスも、筋肉が落ちる原因になり得るのだ、

これを防ぐためには、自分なりのストレスへの対処法が必要だ。

 

私はストレスを感じると一気に無気力になってしまい、欲望に身を任せることしか出来なくなる(笑)

結構メンタルが弱い(;;)それに加え筋肉が落ちるなんて最悪だ!

 

生活からストレスを無くすことはほぼ不可能なので、

ストレスにはうまく対処しなければならない。

 

私のストレス解消法は、大好きなテレビ番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」を、

ボーッと眺めることである(笑)

 

ストレスがたまったなと感じたら、

趣味に没頭したり好きなことをして、ストレスを解消しよう!

 

 

原因4. 飲酒

 

アルコールは筋肉を分解する大きな原因のひとつだ。

酒好きな方、要注意

 

お酒を飲むと、筋肉と密接な関係を持つホルモン、

テストステロンの分泌が減少してしまうのだ。

 

それに加え、アルコールを摂取すると、

コルチゾールという物質の分泌量が増える。

 

このコルチゾールには、筋肉を分解する働きがある。

このように、お酒は筋肉の敵なのだ。

 

しかしお酒を完全に絶つことは難しい。

私もそうだ。

 

そこで対処法としては、筋トレ日は飲まないか、

飲んでも少量を心がける。これで十分である。

 

 

原因5. 喫煙

 

喫煙には何もメリットはない。

筋肉に対してもデメリットしかない。

 

タバコを吸うことであなたが得られるデメリットは・・・

 

 

・酸素量低下による運動能力の著しい低下

・肺の機能低下による持久力の著しい低下

・ニコチンが引き起こす瞬発力と筋力の低下

・超回復の速度低下

・預金残高の低下

 

 

このように「低下」しか無い。結果筋肉が落ちる。

出来ることならば是非禁煙をすすめる。

 

もちろん私はタバコは吸っていない。

アホらしいので。

 

・まとめ

 

以上が筋肉が落ちる主な5つの原因だ。

いかがだっただろうか。

 

この5つの原因をひとつひとつ潰すことで、

あなたは超効率的に筋肉を増やすことができる。

 

私と一緒に頑張っていこう!

ではまたお会いしよう^^

 

PS.

自宅での簡単な自重トレーニングに海外サプリメントを組み合わせれば、

ジム並、いやそれ以上の効果を、自宅での筋トレで得ることが可能。

 

高い筋肉増強効果と脂肪燃焼効果に加え、副作用ゼロという、

天然の筋肉増強剤とも呼べるサプリメントが、アメリカから誕生した。

 

その最新サプリメントの名は「ファーミアマッスル」

私自身が実際に使って得られた効果を、以下の記事で詳しく画像付きで書いた。↓

 

3ヶ月で細マッチョ完成!!ファーミアマッスルの劇的効果

 

是非目を通してほしい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。