細マッチョを目指すのに、ジムに無駄な金を使う必要は無い。自宅でも、正しい筋トレをしつつサプリメントを使えば、簡単に体は変わる。

menu

細マッチョ部 - 海外サプリメントを使った最先端筋トレメソッド

【スーパーホルモン】テストステロンを爆発的に増やす7つの習慣

(※この記事は2017年9月17日に最新の情報を加えアップデートされました)

筋肉をもっとつけたい、痩せたい、女性にモテたい・・・
こういった願望は男なら誰しも持っていると思う。

そんな男達の願望を叶える強力なホルモンがある。
それが、

テストステロンだ。

最近ではテレビでもこのホルモンを扱った番組が放送されたらしく、ジワジワとその認知度は高まっている。

・やる気増加

・性欲増加

・筋肉量を増やす

・脂肪燃焼

・女性を惹き付ける

・精力増加

この様な素晴らしい効果を持つテストステロンは、
男の人生の質を左右するホルモンと言っても過言ではない。

順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学の堀江重郎教授は、

「テストステロンは社会の中で自分をアピールし、未知の世界に旅立たせる”夢と冒険のホルモン”

と説明する。

あなたは以下の様な症状で悩んでいないだろうか?

・最近、仕事のやる気が全然出なくて…

・そういえば最近ムラムラしなくなったな…性欲が減退してるみたいだ…

・お腹がぽっこりしてきた…

・昔より、楽しいと思うことが減ったなあ…

・最近眠りが浅いのか、夜中によく目が覚める

・「朝だち」がなくなった

一つでも当てはまったあなたは、テストステロン値が低下している可能性が高い。
放っておくと、うつ病につながったり、テストステロンが急落した状態である、男性更年期障害(LOH症候群)にもなりかねない。

「え、やばい、結構当てはまっちゃってるよ…」

と思われたかもしれないが、安心してほしい。

テストステロンというホルモンは、ちょっとしたことで上がったり下がったりする
何気なく生活していると、いつのまにかテストステロンを下げてしまう行動を頻繁にとってしまっていることがよくある。

この記事でははそのスーパーホルモン、テストステロンを爆発的に増やすための習慣を、7つの項目にわけて紹介しようと思う。

この7つの習慣は、テストステロンを増やすのに大きな影響を与えるものばかりを厳選したものだ。
何十個も方法を載せたサイトも見かけるが、この7つで十分である。

これらの習慣を私と一緒に実践し、共に男の幸せを手に入れようではないか!!

では見ていこう!

第1の習慣 筋トレをする

 

筋トレをして筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高くなることが確認されている。
ジョギングのような有酸素運動も効果はあるが、筋トレの方が効果は高い。

筋トレと言っても、バーベルなどのウエイトやマシンを使ったものに限らない。
腕立て伏せや懸垂、自重でのスクワットでも十分だ。(私は自重トレーニングしかやっていない)
というより、自重トレーニングはテストステロン分泌にとても有効だ。

テストステロン値を上げるポイントとして、一度に多数の筋肉を鍛えるトレーニングをすることが重要だ。
ウエイトやマシンを使った筋トレは、筋肉のターゲットを絞った部分的なものが多いのに対して、自重トレーニングは、一度に多数の筋肉を動員するものがほとんどだ。

正しいフォームで行えば、自重でも筋肉はどんどんつき、脂肪は落ち、テストステロンは爆発的に増える。
多くの筋肉をしっかりと疲労させ、

「きっつー(゚Д゚;)」

と感じることがテストステロンを増やすには必要なのだ。

 

第2の習慣 たんぱく質を十分に摂る

 

たんぱく質は、人間の体の全てのベースと言っても過言ではない。
絶対に不足させてはいけない栄養素だ。

そしてテストステロンの生成にも密接に関わっていて、たんぱく質摂取量が少ない人のテストステロン量は低い傾向にあるというデータがある。

日常的に幅広い食べ物からたんぱく質を摂ることが望ましいが、テストステロン、そして筋肉を増やすことに特化したたんぱく質食材が2つある。
それは、

1.牛の赤身肉

2.卵(全卵)

の2つだ。
牛の赤みは良質な大量のたんぱく質に加え、ホルモン生成に重要なミネラル。亜鉛を多く含む。
そして全卵のたんぱく質の吸収率は極めて高くテストステロンの材料にもなる良質なコレステロールが黄身に多く含まれている。

黄身を捨てて白身だけをたんぱく質補給として食べる人が多いが、黄身を捨てるなんて栄養的にも道徳的にもひどくもったいない行為だ。

是非日々の食事を考える際は、たんぱく質を中心に考えるようにしよう。

 

第3の習慣 悪い脂質を避け、良い脂質を摂る

 

太りたくないと脂質を盲目的に避ける人が多いが、脂質を抜くと、テストステロンの大幅な低下を招き、その結果代謝が下がり、逆に脂肪を蓄えることになってしまう。

脂質は適量を必ず摂ること。
ただし、

良い脂質に限る。

では良い脂質とは何か?

良い脂質とは、悪い脂質とは違い、脂肪として体に蓄えられにくい。

そしてこの良い脂質の中に、テストステロン値を高める脂質が多数含まれている。
以下、テストステロンを増やすのに有効なものを列挙する。

・卵黄
・アボカドオイル
・ココナッツオイル
・エクストラバージンオリーブオイル
・ナッツオイル(アーモンドとマカダミアがおすすめ)

これらの脂質はぜひ毎日摂るようにしたい。

逆に悪い脂質は体に良いことは何も無く、日常から極力消し去ってしまうことをおすすめする。
しかし厄介なことに、これらの脂質は、みんなが大好きなジャンクフードやラーメンにたくさん含まれてしまっている。(たまにのご褒美としてなら、ストレスの解消としてぜひ楽しんでほしい!)
以下のようなものだ。

・ベニバナ油
・ひまわり油
・キャノーラ油
・コーン油
・ピーナッツ油
・大豆油
・人工トランス脂肪酸

この中でとくに最悪なのが、人工トランス脂肪酸だ。
もしあなたが、マ○ドナルドや菓子パンを日常的に食べているなら、やめる努力をしてほしい。

トランス脂肪酸はあなたに、脳機能の悪化、寿命の短縮、そしてがん、認知症、アルツハイマー病、肝損傷、うつ病といった病気にかかるリスクを大幅に高めてくれる!
こんな素晴らしいプレゼントを受け取りたくないのなら、悪い脂質を良い脂質に置き換える努力を、今日から始めてみてほしい。

 

第4の習慣 良質な睡眠を十分とる

 

十分な睡眠も、テストステロンを増やすには必須。

睡眠時間が短い人は、十分な睡眠をとっている人と比べ、テストステロン値が低いという研究結果もある。
毎日7時間以上の睡眠時間は確保したい。

そして睡眠時間だけでなく質も重だ。
睡眠の質を高めるために、以下の5点を徹底しよう。

1.寝る直前の筋トレは、神経を興奮させるので避ける
2.自動でスマホがナイトモードになる設定をする(夜8時以降がおすすめ)
3.寝る前に深酒をしない
4.カフェインは夕方以降摂らない(ウーロン茶や緑茶にもカフェインは含まれるので注意)
5.朝日を必ず浴びて、夜にしっかり眠気がくるように体内時計を調節する

以上をしっかり実践すれば、寝つきも良くなり、睡眠の質が確実に上がることを約束する。

 

第5の習慣 マスターベーションの頻度を下げる

 

要は軽いオ○禁だ。

完全に断つことは無理だろうから、毎日やっちゃってる性欲旺盛な方は、できるだけ我慢してみよう。
一週間に一回程度にしてみることをおすすめする。

この効果を舐めてはいけない。
アメリカの国立衛生研究所が、

「1週間マスターベーションを断つと、テストステロン値が45.7%以上上昇する」

と発表するほどだ。

射精をすると、プロラクチンというホルモンが急激に分泌され、テストステロン値が下がるとともに、あの倦怠感ややる気の急落が起こる。

テストステロンは、やる気や快楽を司る物質であるドーパミンの分泌を促す役割もある。
テストステロンが低下すると、ドーパミンの分泌も低下してしまう。

幸せな人生とは何か?という問いに対する答えは、脳科学的に言えば、”ドーパミンが長くたくさん分泌されている人生”と言うこともできる。

マスターベーション直後からしばらく続く、ドーパミン分泌が低下した無気力状態を極力回避すれば、人生の充実度は上がるのではないかと私は考えている。

おそらくこのマスターベーションの頻度を減らすという習慣が、一番即効で効果を実感できると思う。
体のエネルギーの高まり、あらゆることに対するモチベーションの高まりを感じてほしい。

 

第6の習慣 美人な女性と話す

 

積極的に女性と接触する機会を増やす。

出来れば可愛い、美人だなと思う女性が望ましい。(がんばろう)

女性と話すことがテストステロンを増やすのに有効であることは、様々な研究で明らかになっている。

アメリカのある研究で、5分女性と話しただけで、テストステロン値が上昇したという結果も出ている。

だがもし、

「女性と話すなんて心臓が爆発しちゃうよ・・・」

「女性を目にするだけで滝のように汗が吹き出して、息が荒くなってしまうよ・・・」

といった、女性に対してとてもデリケートな方は、他の習慣を実践して、ある程度テストステロンを高め、自身をつけてから、女性に向かっていくようにしよう。

 

第7の習慣 サプリメントの摂取

 

手っ取り早いのがサプリメントを利用することだ。
基本的に日本のサプリメントは9割がぼったくりのゴミだ。
最近流行っている、芸能人を広告塔として起用した日本製HMBサプリの売り方には嫌悪感すら覚える。

医療保険制度が整っていないアメリカでは、病気になるリスクを減らそうと本気でサプリメントの研究を行っている。
日本のテレビショッピングで売っている詐欺まがいのものとは一線を画す。

以下に紹介するのが、私がおすすめする海外製テストステロン増強サプリメント「ファーミアマッスル」だ。

2015-01-08 01.19.56

 

ファーミアラボ社は、世界中の著名な医師からの支持を得ており、非常に権威ある会社である。

ファーミアラボ製品は、FDA(米国食品医薬品局)に登録され、、FDA(米国食品医薬品局)からの承認を受けることで保証されており、効果と品質の高さは、自然療法を専門とする著名な医師によって高く評価されています。

ファーミアマッスルは薬品ではなく、自然な形で作用するので副作用の心配が無い。

以下の記事で私が実際に使用して得られた効果を画像と共に紹介している。↓

 

3ヶ月で細マッチョ完成!!ファーミアマッスルの劇的効果

 

是非目を通して欲しい。

 

・まとめ

 

以上が細マッチョ部式、テストステロンを爆発的に増やす7つの習慣だ。

これらを少しずつ実践していくだけで、あなたのフィジカル、メンタル面両方において、様々な素晴らしい変化が現れてくるはずだ。

これらの習慣を実践する中で出た疑問点などは、下のコメント欄に自由に書き込んでほしい。
確認して返信させて頂こうと想っている。

最後まで読んで頂き本当にありがとう!
ではまた別の機会にお会いしよう!!

また^^

関連記事

    • コウタ
    • 2016年 9月 12日

    テストステロンに関して不思議な体験をしたので書かせていただきます。
    ワークアウトを始めて5ヶ月が経過しました。
    昨日、約半年前(ワークアウトを始める前)に一方的に離れていった女性から突然LINEが来ました。
    内容は「何も言わずに一方的に離れて、とても失礼な事をした。よかったらもう一度やり直してほしい」との事でした。
    その前の日に脚のワークアウトで大腿四頭筋、カーフをイジメ抜いた翌日でした。
    会って話しがしたいとの事で、幸い時間に余裕があったので久しぶりに会って話しをしました。
    結果的にもう一度再スタートという形になりました。
    単なる偶然と言われればそれまでかもしれませんが、ワークアウトを始める前にこのような経験は一度もありませんでした^^;
    恐らくテストステロンの作用によるものか と思っています。

      • seiya
      • 2016年 9月 15日

      コウタさん

      確かに偶然と言ってしまえばそれまでですが、テストステロンが高まり、コウタさんの女性を惹きつける男性的魅力がアップしたことは確かだと思います。素晴らしいです^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。